むくみ@記事一覧

「朝は顔がむくんで・・」や「夕方になると足がむくんで靴がキツくなってしまう」などということは、誰しも経験があるのではないでしょうか。では、「むくみ」の正体とは、一体何なのでしょう。むくみとは、簡単に説明するとと、『細胞と細胞の間に水分が過剰に溜まった状態』を指します。そもそも人間の身体は、体重の60%が水分でできています。通常その水分は、2/3は細胞内に、1/3は細胞の外にあります。そして、細胞の...

「夕方になると足がむくんでパンパンになる」という方は多いのではないでしょうか。人間の身体の中で最もむくみやすいのが『足』です。正常な人であれば、むくみの主な原因は静脈のうっ滞(うっ滞とは静脈血が滞った状態)です。心臓から送られる血液は、動脈を通って足まで届けられ、静脈を通って心臓へ戻されます。このとき2つのポンプが働いて、足の静脈血を心臓に戻しています。ひとつのポンプは「心臓」です。もうひとつは、...

「夕方になると足がむくんで靴のサイズが合わなくなる・・」などといった経験がある方は多いのではないでしょうか。むくみの原因は大きく2つに分けられます。ひとつは長時間同じ姿勢でいるために起こる一時的なもの、もうひとつは病的原因があるものです。立ち仕事やデスクワークなど同じ姿勢でいるために起こる一時的なむくみは、足の筋肉を使わないことが原因です。特にふくらはぎの筋肉は第二の心臓と呼ばれるようにポンプの役...

むくみの経験はほとんどの方があるのではないでしょうか。足やふくらはぎ、顔、手など、全身あちこちにむくみの症状は出ます。女性特有の生理中や妊娠中のむくみなどもありますね。むくみを解消するには、生活習慣の見直しが必要です。食事のバランスや運動不足、冷えなど、必ずどこかに原因が潜んでいるはずなのです。(ただし、病気や薬によるむくみに関しては、病院を受診することをおすすめします。)むくみ解消法・冷えの改善...

二足歩行の人間が最もむくみやすいのが『足』です。重力がある限り、身体の中の余分な水分は下へ下へと落ちていきます。しかし、むくまない人もいるのはどういうことでしょうか。ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれていますが、ふくらはぎの筋肉を活発に活動させることで「筋ポンプ作用」が働き、血液を心臓に送り返す作用があります。つまり、この「筋ポンプ作用」がしっかり働いている人は、むくまないということです。むくみは翌...

朝、起きたときに顔がむくんでいるとガッカリしてしまいますね。せっかくの美人が台無しです!また、夕方には足がむくんで靴がキツくなり、足首がゾウの足みたいになってる!などということは経験している方も多いのではないでしょうか。「若い頃はこんなに酷いむくみはなかったのに・・」と年齢のせいにしていては、改善できませんよ!原因は代謝の低下です。老廃物は、正常な血流の中で水分や血液の流れによって回収されます。第...

むくみは、誰しもが経験のあることではないでしょうか。塩分の摂り過ぎ、運動不足、冷え、長時間の同じ姿勢などが原因で起こります。夕方足がむくんでも、しっかり休息を取って翌日には改善されているようであれば心配は要りません。しかし、上記のような一時的なむくみとは別に、病気や薬が原因のむくみもあるため注意が必要です。まずは、どの部分にむくみが出ているのかチェックしましょう。むくみの症状が全身に出ている場合、...

むくみは誰しもが経験していることではないでしょうか。お酒を飲み過ぎた翌日や疲労が重なったとき、泣いたあとや塩分を摂り過ぎたときなど、人の身体は簡単にむくんでしまいます。筋力の低下や冷え、同じ姿勢で長時間過ごすなどが原因で代謝が低下し、血管から沁みだした水分が細胞間に溜まった状態が『むくみ』です。しかし、同じ条件の環境や状況にあっても、むくみやすい人とむくみにくい人がいます。むくみやすい人とむくみに...

効率の悪いダイエットほど、モチベーションが下がることはありません。実はむくみがダイエットの邪魔をしている!ということを知らない人は意外と多いようですね。〇食事量は多くないのに体重が増える〇体重は変わらないのに見た目が太ってしまったこれらは「むくみ」が原因である可能性があります。むくみを解消すると3割痩せて見える場合があります。ほとんどの人が、全体のダブつきが改善されてスッキリ若々しく見えるでしょう...

長時間の立ち仕事やデスクワーク、冷えや塩分の摂り過ぎなど、むくみの原因は様々です。むくみの大元は、血流の悪さに原因があります。心臓から送り出された血液は、スムーズな血流で全身を巡って重力によって下へ下へと溜まります。第二の心臓とも呼ばれているふくらはぎの筋肉は、その活発な活動により血液を心臓へと返す「筋ポンプ作用」の働きがあります。ですから、ふくらはぎの筋肉量が不足していたり、筋肉の活発な活動が為...

「夕方になると足のむくみが気になる」という方は多いのではないでしょうか。心臓から送り出された血液は、血管を通って全身に巡ります。そして第二の心臓と呼ばれるふくらはぎの筋肉の「筋ポンプ作用」という働きにより、重力で下肢に溜まりがちな血液を心臓に戻します。水分は血液と一緒に全身に運ばれ、また老廃物や余分な水分も血流が拾って排泄する仕組みになっています。ですから、ふくらはぎの筋力不足や逆に筋肉の疲労にな...

足は非常にむくみやすい箇所です。心臓が送り出した血液は全身の血管を巡って心臓へ返されます。このとき、第二の心臓と言われるふくらはぎの「筋ポンプ作用」という働きで、重力で下肢に溜まりがちな血液を心臓に送り返しているのです。老廃物や余分な水分は血液と一緒に血管にのせられ排泄されますが、循環がスムーズでない場合には滞りやすい下肢の部分で血管から水分が染み出てしまいます。これがむくみの仕組みです。ですから...

『産後の骨盤矯正』『骨盤ベルト』『骨盤ダイエット』など、昨今、骨盤のゆがみが注目されています。ここでは、むくみと骨盤のゆがみの関係についてお話ししましょう。骨盤のゆがみとは、いわゆる骨盤が正しい位置にないことを指しています。原因は妊娠出産や姿勢の悪さなど様々ですが、いずれにしても骨盤のゆがみを放っておくと身体に悪影響があります。骨盤のバランスが悪くなると、血流やリンパの流れが悪くなり、結果的にはむ...

顔のむくみは、顔の皮下組織に水分が溜まっている状態です。足のむくみの原因は、心臓から送られた血液が重力の影響で下肢に溜まりやすいこと、また足が心臓から遠いことも原因のひとつです。また、ふくらはぎの筋肉不足や疲労が原因で、心臓へ血液を送り返す筋ポンプ作用の働きが悪くなります。筋ポンプ作用の低下により血流が滞って、本来血液中に吸収されて排泄されるはずの余分な水分や老廃物が足に溜まりむくみが起こります。...

朝、起き掛けに顔がむくむという方は少なくありません。できればしっかり解消してから出勤したいものです。顔のむくみだから特別な解消法があるわけではありませんが、見た目ですぐに分かる顔はなるべく早く解消したいものです。むくみの発生は、冷えや老廃物の蓄積、運動不足が原因です。朝、起きがけで顔がむくむのも、原因は同様です。予防策としては、十分な休息を取り疲労を持ち越さないこと。バスタイムを利用して身体をほぐ...

朝起がけに瞼がむくんでいることがありますね。顔のむくみもそうですが、瞼のむくみは腫れぼったくて重いし、見た目にも気になりますね。足のむくみや顔のむくみと同様に、疲労や冷えなどで代謝が悪くなったり、塩分の過剰摂取などで余分な水分が溜まっている状態です。また、アルコールを摂取した翌日や、泣いたあとなども瞼はむくみやすくなりますね。瞼は皮膚が薄く柔らかいため、皮下組織に水分が溜まりやすくなっています。瞼...

「夕方になると、手がむくんで指輪がキツくなる」という方は少なくないようです。夕方には足もむくみますが、手のむくみと足のむくみには違いがあるのでしょうか。むくみは、一般的に全身どこに起こっても原因は同じです。立ちっぱなし、座りっぱなしなど同じ姿勢を続けたり、冷えや疲労など、血流が悪くなることで起こります。手のむくみは寝ているときに起こることが多いようですが、PC作業や筆記作業などをする方に多く見られ...

「手がむくんで指輪がキツイ」など、手のむくみを訴える方は意外と多いです。最もむくみが気になる箇所として『足』が挙げられますが、次いで『顔』と『手』となっています。手のむくみは、マッサージや指圧などの刺激で効果的に解消されます。むくみ解消の近道は、血流を促すことです。手に走っている血管の血流を促すことで、水分や老廃物が排泄されむくみが改善されます。病的なむくみでなければ、ウィーキングなどの運動を行い...

女性が妊娠をすると身体に大きな変化が生まれます。つわり、腰痛、立ちくらみ、便秘、痔、頻尿など、それまで経験がない体調を経験する方も多いようです。また、妊娠中はむくむ方も多く、妊娠後期の30%の妊婦さんがむくみで悩んでいます。妊娠すると、女性ホルモンに変化が見られます。その影響でナトリウムや水分を身体に溜めやすくなり、むくみやすい状態になります。これは妊娠を継続させるためのホルモン作用で、お腹に赤ち...

『妊娠高血圧症候群』は「妊娠20週〜出産後12週までに高血圧が見られる場合、或いは高血圧+蛋白尿の場合。これらの症状が単なる妊娠の偶発合併症ではない」とされています。現在の『妊娠高血圧症候群』は2005年4月に(社)日本産婦人科学会によって名称と共に定義がが変更されたものです。かつて、『妊娠高血圧症候群』は『妊娠中毒症』と呼ばれており、症状として「高血圧、尿たんぱく、むくみ」が三大症状として挙げら...

肝臓・腎臓の障害血液中に含まれるたんぱく質に『アルブミン』という物質があります。アルブミンは、アミノ酸などの栄養素を運び、血液の浸透圧を調整する作用があります。(浸透圧:血管に水分を吸収したり排出する圧力)つまり、アルブミンの量が減少すると細胞と細胞の隙間にある余分な水分を血管に吸収しにくくなり、水分が溜まりやすい=むくいやすくなります。アルブミンは、食材のたんぱく質を原料に肝臓で造られ、腎臓でろ...

むくみは、重力に従って身体の下の方、足に出やすい症状です。ですから、両足がむくむことは珍しくなく、1日仕事を終えた夕方には足がむくむという方は多いのではないでしょうか。ただし、病気が関係している場合もありますので、注意が必要です。一時的なむくみであれば問題はありませんが、むくみが継続して治まらなかったり、異常なむくみ方が見られる場合には病院を受診することをおすすめします。両足のむくみで考えられる病...

立ちっぱなしや座りっぱなしなど、健康な方でも足のむくみは見られます。ただし、この場合のむくみは一時的なものであり、両足がむくむのが特徴です。片足がむくむ、両足むくんでいても左右のむくみに明らかな差がある場合、何か病気が潜んでいる可能性があります。最も大きな原因として、静脈やリンパの流れの悪化です。代表的な病気には、リンパ浮腫、下肢静脈瘤、深部静脈血栓などが挙げられます。下肢静脈瘤下肢静脈瘤は一般的...

ビタミン不足による病的症状には、「脚気」「くる病」「夜盲症」などがあります。かつて日本では、食糧不足によるこのような病的症状が流行した時代がありました。学校では給食が開始され、徐々に食糧が充実し、そのような症状と無縁になっていた日本ですが、ここへ来て飽食時代の栄養不良が問題視されています。ファストフードやファミレス、コンビニやお弁当屋さんが増え、冷凍食品やレトルト食品なども選べるほどの種類が並んで...

元々人間の身体は、体温調節を上手に行える仕組みを持っています。しかし昨今、冷えを訴える方が増え、特に女性は冷え性の方が多くなっています。人間の身体は、寒さには毛細血管が収縮し熱が漏れないようにし、暑さには汗をかくなど自然に熱を下げる「体温調節機能」が備わっています。しかし、最近の空調設備の発達で体の水分がバランスを崩し冷えが進行してしまったり、さらに冷たいデザートや飲み物など、身体を冷やす美味しい...

おすすめコンテンツ

むくみ@
むくみA
妊娠とむくみ