むくみ解消法

むくみの経験はほとんどの方があるのではないでしょうか。
足やふくらはぎ、顔、手など、全身あちこちにむくみの症状は出ます。
女性特有の生理中や妊娠中のむくみなどもありますね。

 

むくみを解消するには、生活習慣の見直しが必要です。
食事のバランスや運動不足、冷えなど、必ずどこかに原因が潜んでいるはずなのです。

 

(ただし、病気や薬によるむくみに関しては、病院を受診することをおすすめします。)

 

むくみ解消法

・冷えの改善
冷えは自覚するものばかりではありません。
「自分は冷えていない」と思っていても、実際には内臓の冷えなどを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。
シャワーで済ませることなく、お風呂の浴槽に浸かって温まるようにしましょう。

 

・小まめに身体を動かす
立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事をしている方は、長時間同じ姿勢でいることが多いため、第二の心臓と言われているふくらはぎの「*筋ポンプ作用」が働きません。
歩いたり、屈伸運動やスクワットなど、小まめに身体を動かすようにしましょう。

 

・筋肉増加、新陳代謝の促進
筋肉量が少ない方は身体が冷えやすく、第二の心臓と言われているふくらはぎの「*筋ポンプ作用」が働きません。
筋トレを行い、筋肉量を増やして代謝が促しましょう。

 

・ビタミンやミネラルをしっかり摂取する
カリウム不足やビタミン不足はむくみの原因になります。
野菜を食べる量を増やして、ビタミンやミネラルをしっかり摂取しましょう。
むくみに効果のある食材として、キュウリやスイカなどのウリ科のものや、バナナ、リンゴなどのカリウムを多く含むもの、サポニンを含む小豆などがおすすめです。

 

*「筋ポンプ作用」とは、ふくらはぎの筋肉を活発に活動させることによって、心臓に血液を送り返す作用のこと。

 

また、一時的なむくみ解消として、マッサージなどが挙げられます。
顔のむくみは見た目にも気になりますので、濡れタオルなどで冷やす→温めるを交互に行って血行を改善することで解消することができます。

 

>>足のむくみを解消して脚痩せする方法とは?

 

おすすめコンテンツ

むくみ@
むくみA
妊娠とむくみ