むくみA記事一覧

むくみ症状は男性よりも女性に多く見られる症状です。夕方になると足がむくむのは、ハイヒールのせいだけではないようです。身体の余分な水分や老廃物が上手く排泄されていれば、むくみ症状は改善されるでしょう。筋力不足や空調の発達により、冷え性の人が増えています。血液の循環は手足の先まで栄養を運び、余分な水分や老廃物を回収する役目がありますが、冷え性の方は血管やリンパ管が締まって血流が悪くなっているためむくみ...

むくみは、運動不足や筋肉量の不足、塩分の過剰摂取、疲労や冷えなどによって起こります。むくみを改善するためにはウォーキングなどの運動が有効ですが、運動する時間がない場合もありますね。また、仕事上のお付き合いなどでアルコールを飲む機会が多く、翌日はむくみが出てしまうという方もいらっしゃるでしょう。そのような場合、むくみに有効な栄養素をしっかり摂って、むくみを改善しましょう。カリウムカリウムは、体内の余...

むくみの原因には、心臓や腎臓、肝臓、甲状腺などの病気がありますが、病気ではない一時的な浮腫みの場合には運動不足や冷え、疲労や塩分の過剰摂取などが考えられます。また、むくんだ状態が続くことで皮膚はたるみ、セルライトができ、肥満の原因になる場合もありますので、早めに改善することが重要です。ここでは、食生活の見直しでむくみを改善する方法についてお話ししましょう。むくみを改善する栄養素を取り入れるむくみは...

むくみ改善には、適度な運動や十分な休息、マッサージ、食生活の改善などがありますね。もちろん、こういった改善法を生活の中に取り入れることが理想的ですが、なかなかそうはいかないのが現代の忙しい社会です。できるときには運動や食事の改善などを積極的に取り入れ、できないときには無理をせずにサプリメントを頼るのもひとつの手ですね。むくみ改善のサプリメントには、どんなものがあるでしょう。カリウムむくみの原因が、...

むくみはたるみの原因になり、セルライトができる場合もあります。手軽に解消する方法として、ここではお茶を紹介しましょう。尿作用が高い飲み物や、むくみの原因が塩分の過剰摂取の場合にはナトリウム濃度を下げて体内の水分量をコントロールする作用があるカリウムを含む飲み物が良いですね。はと麦茶はと麦の果肉ヨクイニンは新陳代謝を促し、余分な水分の排出する作用があります。黒豆茶黒豆には利尿作用があり、身体の必要な...

むくみは、余分な水分が細胞と細胞の間に溜まった状態です。通常、余分な水分や老廃物は血管を通り、排泄されます。しかし、運動不足や冷えなどで血流が悪くなると、余分な水分や老廃物は血管から染み出て、細胞と細胞の間に溜まってしまうのです。また、水分の摂り過ぎもむくみの原因となりますが、水分不足もむくみの原因となることを忘れてはいけません。適度な水分摂取で、むくみを予防しましょう。水分摂取と言っても、ジュー...

むくみの改善効果がある栄養素と言えば「カリウム」です。カリウムはミネラルの一種で、塩分に含まれる「ナトリウム」と深い関わりがあります。ナトリウムは細胞外液、カリウムは細胞内液に存在し、いずれも一定の濃度が保たれています。しかし塩分の過剰摂取などにより体内のナトリウム濃度が上がったり、カリウム不足の状態になるとバランスが崩れ、身体はナトリウム濃度を下げるために水分を溜めこみます。それでむくみが起こり...

冷凍食品やレトルト食品が充実し、ファストフードやコンビニ弁当などの普及に伴い、日本人の食卓は大きく変化しました。前述の食品には多量の塩分が含まれていることが多く、結果的に塩分の過剰摂取になっている方も多いでしょう。塩分は体内でナトリウムに変化し、身体はナトリウムが過剰になるとバランスをとるために体内に水分を溜め込みます。これが塩分の過剰摂取によるむくみの正体です。ナトリウムと深い関わりがある栄養素...

細く長いモデルさんの脚は、憧れの的ですね。「あんな脚になりたい♪」と願ってダイエットをしても、「脚だけはなかなか痩せない」という方は実は少なくありません。脚太りのタイプ別に、食事のワンポイントアドバイスをしていきましょう。単に「脚が太い」と言っても、そのタイプは様々です。脂肪太り脚も太いけど全体にポッチャリしている方に多いのが、このタイプです。脚も全体に柔らかく、ポチャポチャしています。筋肉太り足...

むくみは、血流やリンパの流れが滞り、本来血流で運ばれて排泄される余分な水分や老廃物が血管から沁みだし、細胞と細胞の間に溜まった状態を言います。ここでは、むくまない水の飲み方を紹介します。水は、摂り過ぎても不足してもむくみの原因となります。ですから、適量の水分を摂るということが非常に重要です。また、水分は水を摂取することだけではなく、食材からも摂取されていますので、食欲が落ちているときには少し多めの...

むくみは誰にでも起こることです。朝、起き抜けに顔がむくんでいたり、夕方には足がむくんで靴がキツくなるという方も多いのではないでしょうか。しかし、中にはむくみが病気のサインになっている場合や、薬の副作用という場合もあります。そのような場合には、病院を受診する必要がありますね。では、一時的な心配のないむくみなのか、病的なむくみなのかは、どのように見極めたら良いのでしょう。一日中持続するむくみ何日も続く...

夕方になると足がむくむのは、疲労による血行不良と重力のせいでしょう。水分は重力に従って下へ下へと落ちていきます。本来、ふくらはぎの筋肉が「筋ポンプ作用」の働きで、重力に逆らって血流を促しますが、夕方になると筋肉疲労でその働きが弱くなります。マッサージをして、むくみを翌日に持ち越さないようにしましょう。足裏足を両手で包み、足裏を親指で押していきます。足裏全体をゆっくりと押すことで、その刺激が身体の臓...

むくみの原因に『冷え』があります。ですから寒い冬はむくみやすい季節だと言えるでしょう。しかし、現代では夏でもエアコンが当たり前になり、清涼飲料水など冷たいものを飲む機会が多くなる夏こそ、身体が非常に冷えていると言えます。つまり、冬より夏はむくみやすいということですね。冷えは血管を収縮させ、代謝を悪くします。さらに、冷えるほど空調が効いている室内とは打って変わって、野外へ出ると猛暑が待っています。汗...

高齢者になると、むくみが起こる方は非常に多くなります。代謝が落ちて、筋力が落ちてしまう高齢者では、なかなかむくみを予防することが難しくなってきます。・怠い・不快感がある・靴が履きづらい・歩きにくい・痛みがあるなど、その不快症状も様々です。予防法としては、なるべく筋肉が落ちないよう、簡単な運動をすること。例えば、1階だけなら階段を利用する、散歩をする、など毎日続けられる程度の運動が望ましいでしょう。...

むくみの原因は、冷えや運動不足、疲労による血流やリンパの滞り、或いは塩分の過剰摂取などによるものです。しかしそれは一般的に大人に言えることで、子どもがそのような理由でむくむことはまずありません。つまり、子どもにむくみ症状が現れた場合には、何らかの病気が潜んでいると考えたほうが良いでしょう。大人でもむくみから病気が分かることがありますが、ほとんどの場合一時的な心配のないむくみであることが多いでしょう...

むくみは、細胞と細胞の間に余分な水分が溜まった状態です。本来、余分な水分や老廃物は、血流によって回収され血管を通って排出されます。しかし、血流やリンパの流れが悪くなると、回収されずに滞った余分な水分や老廃物が血管から沁み出して、細胞と細胞の間に溜まります。血流やリンパの流れが悪化する原因には、冷えや運動不足、立ちっぱなしや座りっぱなしなど長時間同じ姿勢でいること、筋力不足などがあります。また、アル...

立ち仕事で1日中立ちっぱなしの方、デスクワークで1日中座りっぱなしの方、夕方になると足がむくみませんか?同じ姿勢を長時間続けると、疲労と運動不足で血流は滞ります。足の甲が痛くなったり、ふくらはぎがパンパンに張って痛いなど、症状に辛さを感じたら要注意です。このようなむくみは病気ではなく一時的なむくみですので、心配は要りません。しかし、夕方のむくみが翌朝改善されていても、また夕方になるとむくんでしまう...

むくみの原因は、余分な水分や老廃物です。リンパマッサージやエステでは、「老廃物を排出する」と言いますね。では、この「老廃物」とは一体何でしょう。老廃物は身体にとって余分な物で、身体の代謝で生成されたものです。身体は新陳代謝を繰り返し、いつも新しく生まれ変わります。つまり、生まれ変わると同時に余分な物質も現れるということです。木を燃やすと熱を生み出しますが、その後、炭などカスが残りますね。ちょうどそ...

むくみは、身体の中に余分な水分や老廃物が溜まる状態を言います。老廃物とは、木を燃やして熱を生み出すと同時に炭などのカスが残るのと同じようなものです。老廃物の内容は、『尿酸』『尿素』『乳酸』『クレアチニン』などの物質、は汗や尿や便で排出されます。ほかにも、紫外線などで皮膚の脂質が酸化してできる『過酸化脂質』やフケやアカなども老廃物です。さらに、食品などの添加物や金属、疲労すると出る疲労物質などもそう...

「全身のむくみが取れず、トイレの回数が増えた」このような場合には、通常のむくみとは異なりますので病気を疑う必要があります。人間の身体は水分バランスを上手に取れるようにできています。しかし、冷えや筋肉不足、運動不足などで、夕方になると足がむくんだり、朝起き掛けには顔がむくむということは珍しくはありません。このようなむくみは「一時的なむくみ」として、心配の要らないむくみです。しかし、下記のような場合に...

人間の体は、食べたものから栄養を吸収し、健康を維持しようとする働きがあります。不要なものや有害なものなどは尿や便、汗で体外に排出され、必要なものだけが吸収される仕組みになっています。腎臓に送られた血液中の水分などは、腎臓でろ過されて原尿となります。そして原尿の中の必要なものが再吸収され、最後に残ったものが排尿されます。西洋医学では、むくみは腎臓や心臓、肝臓などの障害、ホルモン代謝、生理、妊娠、栄養...

東洋医学では、むくむ部位によってどこに異常があるのかを判断します。【脾の異常】まぶた、手足の指がむくむ。【腎の異常】顔面がむくむ。【心の異常】足がむくむ。ストレスや冷えは、交感神経を緊張させます。交感神経の緊張が強くなると血管が収縮し、血流が滞ります。適度な運動を行って、血流を促すことも大切です。むくみにくい食事まず、胃腸の健康を保つようにしましょう。胃腸の健康は非常に重要で、良い血液を造る材料や...

『舌のむくみ』と聞いて、「舌がむくむの?」と不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。気付かない方も多いのが『舌のむくみ』です。鏡の前で舌をベェーと出してみてください。そして舌の両側面に注目してください。ガタガタと歯形が付いていませんか?全体にポテッと厚みがあって、側面に歯形が付いている方は、舌がむくんでいます。舌が余分な水分を蓄えている状態で膨張しているため、簡単に歯形が付いてしまいます。舌のむくみ...

朝は顔がむくみやすく、夕方には足がむくみやすいと言われています。これは重力が関わっており、就寝中は身体を横にして寝ているので顔や背中、手などがむくみやすく、身体を起こして1日を過ごすと一番下にある足がむくむというわけです。むくみは誰にでも起こります。病気の可能性もありますが、健康な方でも一時的なむくみを経験する方は多くいらっしゃいます。よく「女性はむくみやすい」と言いますが、これは男性に比べて筋肉...

「食事を減らしたのに体重が増えた」「何も食べていないのに、体重が変わらない」など、ダイエットの効果がなかなか現れない場合がありますね。間違ったダイエット法は、身体をむくませて体重を増加させる場合があります。むくみの仕組みを知って、ダイエットの間違いを理解しましょう。心臓から送られた血液は、身体の細胞の必要な箇所に必要な分だけ水分を補給しながら巡ります。また、ふくらはぎの筋ポンプ作用によって静脈血を...

おすすめコンテンツ

むくみ@
むくみA
妊娠とむくみ